【ゴキブリ駆除】市内某飲食店 ゴキブリ駆除施工(定期総防除施工)

某飲食店でゴキブリ駆除(総防除施工)を実施しました!

弊社が年間管理を承っている神戸市内の某飲食店様にて定期総防除施工(ゴキブリ駆除)を実施しました。

某飲食店・店内

某飲食店・店内

某飲食店・店内

某飲食店・店内

某飲食店・厨房

某飲食店・厨房

施工前施工後調査の結果、前回の施工で使用したベクトトロンFL剤の効果もあって生息調査用トラップにチャバネゴキブリ等の捕獲や発生は全く確認されませんでした。

総防除施工として店内ホール及び厨房内の厨房機材周辺、グリストラップ、排水溝等にてハンドスプレヤーによるベクトトロンFL剤の薬剤噴霧処理を実施しました。

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

ハンドスプレヤーによる薬剤噴霧

前回と今回の施工では、従来のピレスロイド系殺虫剤に対し薬剤抵抗性のあるチャバネゴキブリが多い飲食店などの難防除物件に対応した、新系統の防除用殺虫剤として最近新しく開発されたベクトロンFL(メタジアミド系プロフラ二リド5%FL剤)を用いて、店内ホール及び厨房内の厨房機材周辺、グリストラップ、排水溝等にハンドスプレヤーによる薬剤噴霧処理を実施しました。

 

殺虫剤が効かない?薬剤抵抗性チャバネゴキブリとは???

 

「定期的に業者による薬剤散布を行なっているのにチャバネゴキブリが少しも減らずに駆除されない」

「殺虫剤を使用するとゴキブリの死骸がたくさん出て駆除されたと思ったのに直ぐにチャバネゴキブリが増えてしまう」

特に都市部にある飲食店でこの様な状態が続くのならば薬剤抵抗性のあるチャバネゴキブリが発生していると考えて良いでしょう。

 

殺虫剤が効かない「薬剤抵抗性チャバネゴキブリ」とは、

● 特定の殺虫剤(薬剤)が効きにくい(薬剤散布してもあまり駆除されていない)

● 毒えさ(ベイト剤)を設置してもあまり食べない

つまり、「殺虫成分への抵抗性が発達しているチャバネゴキブリ」の事です。

例えば人間の場合でも抗生剤の効かない耐性菌が問題になったりしていますが、これと同様に繰り返し同じ殺虫剤を散布し続けている内にそこから生き残ったゴキブリの中から殺虫成分への抵抗性を獲得した個体が現れてしまい、同じ抵抗性遺伝子を持ったゴキブリが店内で大量に繁殖してしまう事があります。チャバネゴキブリに抵抗性が発達する主な理由は、

チャバネゴキブリに抵抗性が発達する主な理由

  • 行動範囲が狭く屋内の限られた場所で世代を重ね増殖する
  • 駆除業者などによって薬剤を大量に撒かれる工場や飲食店などで駆除しきれずに生き残ったものが卵を産み繁殖する 
  • 生育スピードが速く少ない生き残りでも短い期間であっという間に繁殖してしまう

これらの繰り返しで同じ薬剤に対する抵抗性が高くなっていく事が考えられています。

殺虫成分が効かなくなるのは何故か?

抵抗性が発達したゴキブリは、殺虫成分が効いていく過程のどこかで、中毒をくぐり抜けるしくみを備えています。抵抗性のしくみは、大きく分けて以下の3つになります。

● 体の内的変化(酵素などの解毒と感受性の変化について)
殺虫成分が効果を及ぼす神経細胞などの反応が鈍くなっている。いわば一部で起こっている不感症です。この感受性が低下してしまっていると、殺虫成分が効かないことがあります。

● 体の外的変化(外皮が厚くなるなどで薬剤が浸透しにくい)
世代を重ね、度重なる殺虫剤の抵抗性によって皮膚が厚くなる等によって強くなっていき、薬剤成分が浸透しにくくなります。

● 好み(毒餌を食べるものだけが淘汰され、食べないものが生き残った)
ベイト剤を好まない、または興味を示さない(食い飽きを起こす)ゴキブリが生き残っ事でベイト剤による対策が難しくなりました。

因みに、一般家庭でよく見られるクロゴキブリなどの大型種では、殺虫成分への抵抗性はほとんど発達していません

薬剤抵抗性ゴキブリは、主に工場や飲食店で繁殖するチャバネゴキブリで問題になっているのです。

チャバネゴキブリは、クロゴキブリなどに比べて一定期間に重ねる世代数が多く、殺虫成分による淘汰を受ける回数が多いのです。

例えば、ある飲食店に数百匹のチャバネゴキブリが生息しており、殺虫剤を定期的に散布するとします。すると、大半のチャバネゴキブリは、撒かれた殺虫剤によって死にますが、大抵は、数匹の生存者が出ます。ほかのゴキブリの陰に隠れて少ししか殺虫成分に触れなかった、あるいは少ししか吸い込まなかった個体が生き残るわけです。それらの生存者は、それぞれに次の世代を生んで増殖するため、それにまた殺虫剤が撒かれる……と繰り返されるうちに、結果として、殺虫成分に強い個体が選ばれて、遺伝的な抵抗性を発達させたゴキブリが増えていくのです。

また、チャバネゴキブリは生育スピードが速いため、いったん99%を駆除できたとしても、抵抗性を備えた残りの1%が数カ月後には100倍近い数に増えてしまいます。

店内

 

抵抗性チャバネゴキブリに効果絶大!!新系統のゴキブリ用散布剤 ベクトロン®FL

 


ベクトロン®FL剤とはメタジアミド系殺虫剤テネベナール®(一般名:ブロフラニリド)を有効成分とする約50年ぶりの新系統ゴキブリ用散布剤です。既存の殺虫剤に抵抗性を獲得したゴキブリに対しても高い効力を示すことが確認されており、我々PCO(ペストコントロール/害虫駆除業者)のゴキブリ防除の新たな選択肢として2021年10月から新しく販売利用されています。

また、ベクトロン®FLはゴキブリの他にも、ノミ、トコジラミ(ナンキンムシ)・イエダニへの適用があります。

ベクトロン®FLの特長

新規作用性による抵抗性ゴキブリに対する高い効力

従来の殺虫剤とは全く異なる害虫のポイントに作用する新系統殺虫剤の為、既存の薬剤では駆除が困難な抵抗性ゴキブリにも高い殺虫力を発揮します。

殺虫効果を広げる連鎖効果で確実に駆除

ゴキブリが集団内で薬剤を広げる連鎖効果を持つ為、隙間の奥のスポット(巣)に潜むゴキブリにも殺虫効果が環境全域の駆除に確実に繋がります。

  • 新規作用性による抵抗性ゴキブリに対する高い効力
  • スポットに潜むゴキブリにも殺虫効果を広げる連鎖効果
  • 3ヶ月以上の長期残効性
  • 低臭・低刺激で、処理面の薬剤痕も目立ちにくい作業性
  • 低魚毒性で環境負荷が小さく、作業者にもお客様にも安心の普通物

毒物および劇物取締法に基づく、特定毒物、毒物、劇物の指定を受けない物質を示します。

製薬メーカーによるベクトロン®FL専用WEBサイトでは、製品概要から施工方法まで動画コンテンツを交え本製品を詳しく紹介していますので、ご参照下さい。

ベクトロン®FL専用WEBサイト URLhttps://www.mitsui-agro.com/ppm/vectron/

 

食品衛生の国際基準HACCP(ハサップ)が完全義務化しました

食品衛生法の改正により食品衛生の国際基準であるHACCP(ハサップ)令和3年(2021年)6月より「完全義務化」しました。

食品の製造、加工、調理、販売を行う全ての食品事業者が対象となり、HACCPに沿った衛生管理を行う事が求められます。

防虫防鼠管理(ゴキブリ・ネズミ管理)害虫害獣対策は、HACCPの前提条件である一般的衛生管理プログラムに該当します。

ゴキブリ駆除ネズミ駆除防虫防鼠対策など年間管理施工は、HACCP(ハサップ)導入中の食品事業者での施工実績のある太洋化工株式会社にお任せください!

  • 施工前の定期点検調査でもかなりの数のチャバネゴキブリの発生が確認されました。ゴキブリの内部発生が常態化している飲食店では1度防除施工を行ったくらいでは1ヶ月もすればすぐに元の状態かそれ以上にゴキブリの数が復元してしまいます。
  • やはり年間を通じ継続した点検調査を行った上で、薬剤散布による駆除・総防除施工を定期的に行う年間管理施工が重要です。
  • 特にゴキブリが多い飲食店では集中して総防除施工を継続して行う事で一気に生息数を減少させて、ゴキブリの繁殖サイクルを断ち切る事が必要です。

太洋化工株式会社は飲食店をはじめ、スーパー・食料品店・大型商業施設・食品工場・物流倉庫・ホテル・旅館・劇場・学校・老人ホーム・公共施設・事務所ビル・個人事業所などでも、IPM=【総合防除】に基づく防虫防鼠など有害生物対策の年間管理防除施工を行っています。

※こちらのリンクも併せてご参照ください
↓ ↓ ↓
 

 

飲食店でのゴキブリ駆除をお考えなら太洋化工へお任せください!

太洋化工株式会社は神戸市を中心に兵庫・大阪・京都のあらゆる施設で害虫駆除ゴキブリ駆除ネズミ駆除など総合的な防除施工を実施致します。

 

神戸で害虫駆除をお考えなら太洋化工株式会社へ

 

神戸をはじめ兵庫・大阪・京都など京阪神地区で害虫駆除ゴキブリ駆除ネズミ駆除をお考えでしたら、ゴキブリ・ハエ・アリ・ハチ・毛虫・ムカデなど、害虫駆除のプロである太洋化工株式会社へお任せください。

 

調査結果に基づき、薬剤噴霧など適切な方法による定期的な統一的防除施工をを実施します。

調査結果に基づき、薬剤噴霧など適切な方法による定期的な統一的防除施工をを実施します。

 

太洋化工株式会社では、ご依頼があれば現地へお伺いして、問題となっているゴキブリやねずみなど害虫害獣の生息調査を行います。生息調査で分布状態を把握したら、化学的防除や物理的防除、侵入防止対策などの様々な手法を組み合わせて総合的な防除施工を実施するため、徹底的に害虫を排除することができるのです。

 

 

太洋化工株式会社は、神戸市を拠点に兵庫・大阪・京都など関西地域のあらゆる施設での総合的な防除施工を実施致します。
飲食店・食料品店・スーパー・コンビニ・食品工場・貨物倉庫・物流センター・ホテル・駅ビル・空港施設・劇場・シネコン・ゴルフ場・病院・老人ホーム・オフィスビル・商業施設・公共施設など、あらゆる施設のゴキブリやネズミでお悩みでしたら、昭和36年(1961年)創業、兵庫県ペストコントロール協会所属、太洋化工株式会社にご相談ください。

 

ゴキブリ等の生息状況を把握します

お試し防鼠施工の実施例

お試し防鼠施工の実施例

ゴキブリ駆除用ベイト剤などを使用して適宜防除を実施します

 

 

洋化工株式会社は、年間管理施工のご提案も行っています。一度駆除するだけでなく、定期的な駆除施工、防除施工をして欲しいとお考えの方にこそおすすめです。ゴキブリやねずみ、その他の害虫被害でお困りの方はぜひ太洋化工株式会社をお役立てください。経験豊富な太洋化工株式会社のスタッフが、確かな技術と経験による安心・安全・確実な施工をいたします。神戸周辺地域からもお気軽にお問い合わせください。

 

無料調査実施致します!

  • 神戸の太洋化工株式会社は、ゴキブリやネズミなど害虫害獣の駆除対策を行う総合防除の専門業者です。
  • 神戸市を中心に兵庫・大阪・京都など関西地域のあらゆる施設で総合的な防除施工を行います。
  • 太洋化工株式会社ではゴキブリやねずみ等の有害生物の無料調査を行っております。
  • 専門のスタッフがご訪問し、現地調査を実施致します。
  • まずはお気軽にご連絡下さい。

 

 

太洋化工は害虫害獣にお困りの方からの様々なご要望にお答えします

  • ゴキブリ、ねずみ、コバエ、アリ、イタチなど害虫・害獣の被害でお困りの方
  • 害虫や害獣の姿は見ないが、本当にいないか調べて欲しい方
  • 今はまだ被害は出ていないが、これからも出ないようにしたい方
  • 有害生物対策や環境衛生管理に関心があり、今後対策や管理を希望される方

お問い合わせをお待ちしています。

ご相談・お見積りは無料です。

調査後お客様に最適な施工方法をご提案し、

お見積り致します。