ネズミはどんな害獣なの?ネズミがもたらす被害についてご紹介します

ネズミはどんな害獣なの?ネズミがもたらす被害についてご紹介します

近年ペットとして人気が高いネズミですが、野生のネズミとなると話は別です。ネズミは、我々の生活や健康を脅かす害獣の代表格です。

今回は、そんなネズミがもたらす被害についてご紹介します。ネズミの危険性を正しく把握し対策を講じることは、物件の質や評価を維持することにつながります。

ネズミが引き起こす被害は3タイプ

ネズミというと、丸い耳、小さな体、長いしっぽのイメージを持つかもしれませんが、実は身近にさまざまな種類のネズミがいます。ここでは、身近に存在するネズミの例と、野生のネズミがもたらす損害について簡単に解説します。

身近なネズミ

ネズミは動物園でも観察できる比較的身近な動物です。テンジクネズミやプレーリードッグ、ハダカデバネズミなど、動物園では多くの種類のネズミの仲間を見かけられます。

カピバラも体はずいぶんと大きいものの、実はネズミ科に属するげっ歯類で、非常に人気のある動物として挙げられます。小さくこまごまと走り回る姿は可愛らしく、ペットとしても人気が高い動物です。ハムスターやハツカネズミを飼育しているご家庭も多いのではないでしょうか。

野生のネズミは害獣

一方で、人間に管理されていない野生のネズミは、人体や人間生活において少なくない損害をもたらす害獣です。ネズミが与える被害は、単に見た目が不快という「精神的被害」にとどまりません。

ネズミの発生は、衛生的な損害を与える「衛生的被害」、経済的な損害を与える「経済的被害」も引き起こす恐れがあります。ここでは、それぞれの被害のタイプに注目して、具体的にどのような被害が考えられるのかをご紹介します。

ネズミによる経済的被害

ネズミが何でもかじってしまうことはよく知られています。固いものをかじるのに適した歯は、げっ歯類の大きな特徴のひとつです。その強くて鋭い歯で食品はもちろん、衣類や家具、建物などあらゆるものをかじって破損させてしまいます。

これは、ネズミの歯が生きている限り伸び続けることに由来します。ネズミの歯は週に3mm程度という非常に速いペースで成長するため、常に固いものをかじって歯を適度に削る必要があるのです。

直接的な経済的被害

ネズミは、歯を削るためにかなり噛み応えのある金属やゴム、コンクリートでもかじってしまいます。こうして建物の柱や壁がかじられて傷みが進んでしまうと、修繕の必要が発生するだけでなく、建物の資産価値が落ちてしまいます。

また、寝床には温かい場所や柔らかい場所を好みます。布団や断熱材、ソファに住み着いてしまうと大変不衛生で、買い替えが必要です。さらに、電気のケーブルをかじってしまうと漏電して火災を引き起こしかねません。このように、ネズミの発生は甚大な経済的被害をもたらします。

間接的な経済的被害

ネズミは非常に動きが活発です。そのため、広範囲で移動、生息しています。もし、デパートや飲食店、賃貸物件でネズミを見かけたら、お客様はどのように感じるでしょうか。

不快害獣である野生のネズミは、多くの人にとって不快感をもたらす動物です。SNSが広く使われるようになった近年では、たった1匹ネズミが発生しただけでも想定外の勢いで悪評が広まる恐れがあります。こうした悪い評判を覆すのは非常に難しく、もし払拭できずに長期化すれば閉店に追い込まれる可能性も出てきます。

このように、ネズミの発生は計り知れない経済的被害をもたらします。経済的被害を受けないためには、発生する前に継続的な予防措置が取るのが賢明です。

ネズミによる衛生的被害

ネズミは警戒心が強いため、普段は人目に付きにくい下水溝や厨房、床下などに生息しています。こういった場所は決して衛生面的とはいえず、またそういった場所に生息しているネズミ自身もさまざまな菌を保有しています。

ネズミが保有している菌の中には、人体に影響を与えるものもあります。代表的な衛生的被害についてご紹介します。

ネズミによる衛生的被害

ネズミは体表と体内に多くの菌を持っています。ネズミの糞尿を間接的に摂取したり、噛まれたりすることで、以下のような病気に感染する恐れがあります。

  • サルモネラ病
  • 腎症候性出血熱
  • ハンタウイルス

これらの主な症状は、食中毒による嘔吐や下痢、高熱、胃腸炎、頭痛、悪寒です。人への感染だけでなく、ペットにも感染する恐れがあるため注意が必要です。

ネズミによる二次的な衛生的被害

ネズミによる衛生的被害は、ネズミ自身によるものだけではありません。ネズミの体に寄生している病原菌やノミ、ダニ、シラミといった虫も人間やペットの衛生面に大きな損害を与えます。

たとえば、ネズミが連れてきたダニが家に住み着き、増殖してしまうとします。これだけでも十分恐ろしいことですが、さらにダニは病原菌を持っており、人間を刺すことで腫れと激しいかゆみを引き起こします。また、布団や衣類に卵を産みつけて繁殖するため、広範囲で不衛生な環境を作り上げてしまいます。

ネズミによる精神的被害

ネズミが精神面に与える被害は、単なる不快感だけではありません。足音が気になって眠れず不眠がちになる方、ストレスがたまって食欲が減退する方、ナイーブな方なら家の中にネズミが住んでいるかもと思うだけで多大なるストレスがかかります。

もちろん、こうした精神的ダメージの程度には個人差があります。とはいえ、ネズミによる経済的被害、衛生的被害への懸念から、いつも通り安心して暮らすことが困難になる方が多いのではないでしょうか。

とくに子どもやペットは繊細な傾向にあります。ご家族が明るく楽しい毎日を送るためには、ネズミの精神的被害を決して軽んじることはできません。

まとめ

今回は、ネズミが人体や人間の生活に与える被害についてご紹介しました。

「太洋化工株式会社」では、神戸、大阪、京都を中心にネズミの駆除を行っております。ネズミの被害を最小限に抑えるためには、外部からの侵入を防ぐための長期的な防除が重要です。豊富な知識と経験を持ったスタッフが、誠心誠意ネズミから資産を守るお手伝いをいたします。ぜひお気軽にご相談ください。