【神戸】ネズミによる被害は?ネズミの住みにくい環境づくりや駆除方法をご紹介

一度駆除したと思っても、いつのまにかまた発生しているのがネズミです。飲食店や会社でネズミが発生したら、衛生面だけではなくその外見による精神的な被害も相当なものでしょう。

さらにSNSが発達した今では、たった一度のネズミの出現が命取りにもなりかねません。とはいえ、ネズミ駆除は素人が行うのは非常に難しく、大変な労力がかかってしまいます。

そういったネズミにお困りの方、また発生を防ぎたいと考えている方へ、この記事ではネズミ駆除の有効的な情報をお伝えします。また、ネズミの発生場所やネズミが及ぼす害もあわせてご紹介しますので、ネズミの被害から大切なお店や会社を守っていきましょう。

ネズミはどんな場所にいる?ネズミによる害は?

まずネズミはどんな場所を好むのでしょうか。発生場所を知ることで、ネズミからの被害を防ぎましょう。

ネズミの好む場所

ネズミは寒さを嫌い、暖かい場所を好みます。室内や店舗内にネズミが住み着くのは、食料はだけでなく居住地としても最適な環境が整っているからといえるでしょう。

ネズミによって巣を作る場所は異なり、クマネズミは布や布団の綿を好むので、押し入れや古いタオルなどが置いてあるような保管庫を巣にします。またハツカネズミはダンボールや新聞紙を巣にする傾向があるので、物置や倉庫を好むのです。

ネズミによる食材への被害

ネズミによる被害は食材へもダメージを与えます。飲食店には多くの食材のストックがあるものですが、万が一にもネズミによってかじられてしまうと、その食材はもう使用できません。さらに食材庫にネズミの糞などがあれば、衛生面からも食材の破棄を余儀なくされてしまい、その被害は甚大となるでしょう。

ネズミの持つ病原菌

ネズミはさまざまな菌を保有しています。とくにネズミの糞尿に含まれるサルモネラ菌は、人の手や食べ物などを介して口の中に入ることで感染症を引き起こします。

サルモネラ菌による食中毒は下痢や嘔吐を繰り返し、年配者や幼児は重症化して命に関わることもあるのです。飲食店で一度食中毒が出てしまうと、保健所から営業停止の命令がくだされる恐れもあり、最悪の事態を引き起こしかねません。

ネズミの住みにくい環境を作ろう!

ネズミの習性を知ることで、まずはネズミが住みにくい環境作りをしましょう。すぐに実践できるような具体策をご紹介します。

巣の材料になるものはそのままにしない!

新聞紙やダンボール、割り箸やティッシュペーパーにタオルなど、ネズミの巣になりそうなものをそのままにしないようにしましょう。そのほかにも食品は出したままにしない、生ゴミのゴミ箱はフタ付きにする、衣類やシーツは収納ケースにしまうなど、すぐにできることからはじめましょう。

ネズミ忌避剤を利用しよう!

ネズミは非常に嗅覚が優れています。その特性を逆手にとってネズミが嫌いな匂いを発する忌避剤を活用するとよいでしょう。

私たちには爽やかに感じるハッカ系のハーブの匂いは、ネズミにとっては大の苦手とする匂いなのです。また唐辛子などに含まれるカプサイシンの強い匂いも、ネズミには刺激が強すぎて嫌がるので、忌避剤をすぐに用意できないときは身近にある匂いで対処してみましょう。

これで安心!ネズミの駆除方法を知ろう!

ネズミの習性や苦手なものを知ったところで、ネズミの駆除方法をご紹介しましょう。自分で行う駆除方法から、業者に依頼するときのポイントなども参考にしてみてください。

ネズミ捕りを用いた駆除

個人でネズミ捕りをするのであれば、粘着シートがおすすめです。ネズミのよく通る経路がわかっていれば、非常に効果を発揮するでしょう。

ただし設置場所を間違えるとまったく効果があらわれず、またネズミが複数いる場合は学習してしまうので、すべてを捕獲することが難しくなってしまいます。さらに回収するときにはネズミを見なくてはいけないので、その点もハードルが高くなってしまうかもしれません。

薬剤を用いた駆除

飲食店に発生するネズミの駆除対策において殺鼠剤の使用は有効ですが、店舗内での殺鼠剤の使用はあまり好ましくありません。万が一殺鼠剤を含む毒餌が食品に異物混入してしまった場合、食中毒の危険性があるからです。

また殺鼠剤による駆除はネズミがどこで死んだかもわからず、死骸が放置される可能性も高くなってしまうので、より不衛生な環境を生み出しかねません。個人で殺鼠剤などの薬剤を使用するのはリスクが高いといえるでしょう。

殺鼠剤を使用する場合は専門知識のあるペストコントロール事業者に依頼するか、適切な指導を受けて自己責任で行う様にして下さい。

ネズミの駆除には定期的なメンテナンスが必要!

ネズミはつがいで行動することが多いので、1匹だけ駆除しても完全にネズミを撃退したことにはなりません。気づかぬうちにネズミが大量に発生している、なんてことになりかねないためにもネズミの気配を感じたら業者への依頼を検討した方がよいでしょう。さらに一度ネズミを見かけたら、定期的にメンテナンスを行った方が安心です。

神戸にある太洋化工株式会社では、ネズミ駆除・対策に特化した年間管理防除施工を行っております。大切なお店や会社をネズミによる衛生面や金銭面の被害を防ぐためにも、まずは太洋化工株式会社にご相談ください。

まとめ

ネズミは1匹見かけるだけでも、非常に不快な気持ちになるものです。さらにはその1匹によって衛生面、金銭面にも甚大な被害が出る可能性もあるのです。

そういったネズミの被害に遭わないためにも、今すぐできる環境づくりを実践してみましょう。大切なお店や会社を守るために、ぜひとも太洋化工株式会社をお役立てください。

 

防鼠管理施工(ぼうそかんりせこう)

太洋化工株式会社では、人間にとって不快であり被害が大きい困ったネズミを、
駆除し、退治し、対策し、「防除」します。

オフィスビルや飲食店舗など多くの人が集まる施設に必要である安全・安心な環境衛生対策、
総合的なネズミ防除施工
防鼠管理施工=【総合防除】を行います!

防除」と「駆除」や IPM=「総合防除」については各リンクを参照ください。

太洋化工株式会社ではネズミ対策として、応急的な、あるいは年に数回だけ行うネズミ駆除施工だけではなく、
定期的かつ継続的な防除を行う「年間管理防鼠(ぼうそ)施工」を行っています。

ご契約頂いたお客様の物件に対して、年間を通して定期的継続的な、点検調査・環境的対策・施設改善提案・駆除・防除施工を行い、
衛生管理のお手伝いを行います!

ネズミお困りの方、ネズミ被害が心配な方、ネズミに出てきて欲しくない方は、太洋化工にご相談ください!

防鼠管理施工の実施例

お試し防鼠施工の実施例

お試し防鼠施工の実施例

お試し防鼠施工の実施例

お試し防鼠施工の実施例

 

無料調査実施致します!

太洋化工ではゴキブリやねずみ等の有害生物の無料調査を行っております。
まずはお気軽にご連絡下さい。

太洋化工ではゴキブリやねずみ等の有害生物の無料調査を行っております。
専門のスタッフがご訪問し、現地調査を実施致します。

  • ゴキブリ、ねずみ、コバエ、アリ、イタチなど害虫・害獣の被害でお困りの方
  • 害虫や害獣の姿は見ないが、本当にいないか調べて欲しい方
  • 今はまだ被害は出ていないが、これからも出ないようにしたい方
  • 有害生物対策や環境衛生管理に関心があり、今後対策や管理を希望される方

調査後それぞれのお客様に最適な施工方法のご提案を行い、お見積り致します。

ご依頼の流れはこちら!

もちろんご相談・お見積りは無料です。まずはお気軽にお問合せ下さい。