ゴキブリの駆除は冬が向いている?生態をもとにその理由をご紹介

ゴキブリの駆除は冬が向いている?生態をもとにその理由をご紹介

ゴキブリの発生は、精神的な嫌悪感をもたらすのはもちろん、健康を損なう恐れがあります。とくにマンションやビル、飲食店におけるゴキブリの発生は、評判の低下、さらには経済的な損失につながる恐れもあるでしょう。

今回はゴキブリの生態をもとに、冬に駆除するメリットについてご紹介します。冬はゴキブリを目にしにくく油断しがちですが、冬こそ対策をする絶好の季節です。ぜひこの記事を参考になさってください。

ゴキブリは暖かい場所を好む

ゴキブリは高温多湿を好みます。気温18度を超えたあたりから徐々に動きが活発になり、25度程度で最も活動に適した温度となります。卵を産んだり、孵化したりと繁殖活動も盛んになってくるのです。

人間にとっても18度から25度は過ごしやすいため、季節を問わず室温をこの程度に保っているというご家庭も少なくありません。人間の住居はゴキブリにとっても生息しやすい環境なのです。

はたして、ゴキブリはどの程度の暑さまで堪えられるのでしょうか。実は、ゴキブリはおよそ35度を超えると動けなくなってしまいます。さらに40度まで気温や室温が上がると、体内のたんぱく質が固まってしまい、最終的には死んでしまいます。

近年、盛夏の気温が40度近くまで上がる日も珍しくなくなりましたが、そんな時でも室内は快適な温度に保たれています。そのため、ゴキブリは極端な暑さを避けるために生息しやすい人間の住居に逃げ込んでくるのです。

ゴキブリは冬をどう過ごしている?

夏は活発に動き回るゴキブリですが、冬にはパタリと見かけなくなります。しかし、寒さで死滅してしまったわけではありません。ゴキブリは生命力が非常に強いのです。繁殖を含め、秋頃に最も活動量が増えますが、冬は卵の状態で越冬し、また暖かくなると孵化して活動を開始します。およそ10度以下になると繁殖能力も失われてしまいます。

寒さが厳しい北海道ではゴキブリをあまり目にしない、という話を耳にしたことがある方も多いかと思います。近年では温暖化の影響や暖かく快適な湿度に保たれた室温のせいで、北海道地域でもゴキブリを見かけるようになりました。この例のように、いままでゴキブリが生息していなかった部屋でも越冬するために侵入してくることが考えられます。

ゴキブリの好む場所とは

成虫のゴキブリは、室内の暖かい場所を見つけてひっそりと冬の終わりを待っています。こうした暖かい場所では季節を問わず繁殖することもできます。

ゴキブリが好む場所は、暖かくて暗いところ、適度に湿気のある場所です。この条件を満たす、電化製品の裏や家具の隙間、衣類収納の中、台所や浴室といった水回りをとくに好んで住処にします。小さな種類のゴキブリなら、コンセント内部に潜んでいることもあります。暖かさを保つことができる段ボールも住処として適しているため、使用済みの段ボールを放置している場合は早急に片づけるのが賢明です。

ゴキブリの食料とは

ゴキブリは雑食性です。さらに生命力がとても強く、水さえあれば2ヶ月は生き延びるともいわれています。冬は夏ほど生ごみの匂いが発生しにくいため、処理の頻度を減らしがちという方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ゴキブリは非常に嗅覚が鋭いため、わずかな食糧も見逃しません。ゴミを頻繁に処理するだけでは不十分で、わずかなごみ、ホコリ、人間の毛髪さえもゴキブリにとっては食料となります。これらは徹底的な排除は難しいものですが、こまめな掃除で極力ゴキブリの栄養源となりうるものを排除していく努力が必要です。

ゴキブリの駆除は冬がおすすめ

ゴキブリの動きが活発になるのは春から秋にかけてです。目にする機会も増えるため、この時期に駆除をお考えの方も多いかと思います。ですが、活動が鈍くなる冬のうちに駆除をするのが効果的です。暖かい時期、ゴキブリは活発に動き回ります。つまり、どこへでも出かけてしまうのです。

反対に、寒くなる冬はゴキブリが好む、快適な場所は絞られてきます。頻繁に外気が入る玄関や換気が徹底されたトイレや浴室には生息しにくくなり、前述したような家電製品の裏などにより集まりやすくなるのです。つまり、そこを重点的に駆除すれば、作業効率がぐんと上がります。

もちろん、根本的にゴキブリを駆除するためには、季節を問わず定期的かつ継続的な対策が必要です。しかし、姿を見かけなくなる冬こそ効果的な駆除ができるためおすすめです。

冬におすすめの駆除剤

個人で駆除をする場合、まず長めに換気を行うことで室温を十分に下げます。その後、ゴキブリ用の駆除剤を用いましょう。

ドラッグストアに足を運ぶと、ゴキブリ駆除用の商品が多数市販されています。一般的なのは置き型の殺虫剤や殺虫スプレーですが、中でも動きが鈍くなる冬は、粘着シートによるトラップや毒餌による対策がおすすめです。とくに毒餌は巣に持ち帰った殺虫成分により、仲間のゴキブリも連鎖的に殺虫できます。使用する際は、パッケージに記載された使い方をよく読んで使用してください。

冬は卵の状態で越冬するゴキブリも多いことから、卵の存在は軽視できません。毒餌は、死ぬ間際に産んだ卵についても効果が得られます。しかし、当然ながら健康な時期に産んだ卵には粘着シートや毒餌はまったく効果がありません。卵を発見した場合は、熱湯をかけることで孵化しないよう処分できます。

専門業者に頼むと安心

ゴキブリはとても生命力・繁殖力の強い生き物で、隠れるのも上手です。一度住みついたゴキブリを駆除するのがいかに大変かおわかりかと思います。とくにマンションや飲食店におけるゴキブリの発生は、評判や信用の低下に直結します。そのため、そもそもゴキブリが住みつかないように処置をすることが重要なのです。

害虫駆除業者は、化学薬品の使用や物理的な対処法などさまざまな防除手段を持っています。知識と経験も豊富なため、個人で対処する以上の効果を期待できるでしょう。

まとめ

今回は、冬にゴキブリを駆除するメリットについてご紹介しました。

「太洋化工株式会社」では、神戸、大阪、京都を中心に、ゴキブリを含めた有害生物の防除を請け負っております。生息調査から駆除、またその効果の判定まで総合的なサポートを行っているため、衛生的、経済的な被害を最小限に抑えることについては自信があります。ゴキブリにお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。